STICPAY公式サイトへ
スティックペイカード

世界中のATMで出金ができるSTICPAY(スティックペイ)カードとは?

STICPAY(スティックペイ)のプリペイドカード

STICPAY(スティックペイ)が人気となっている理由の一つにSTICPAY専用のプリペイドカードの存在があります。

いつでもどこでも使えるSTICPAYカード既にご存知の方もいるかもしれませんが、このプリペイドカードを持っていればMastercardと提携している世界中のATMから現金が引き出すことができ、さらにMastercard提携の加盟店でデビットカードのように利用することができます。

もちろん日本国内でも利用することができ、引き出しは現在セブン銀行とゆうちょ銀行のATMのみとなりますが、ショッピングや飲食についてはMastercard提携の加盟店であればほぼ全ての店舗で可能となっています。

STICPAYカードの良い点・悪い点

この時点ですでにSTICPAYカードが欲しくなっている方も多いと思いますが、もちろん良い点がある分、悪い点とまではいいませんがデメリットに感じる部分も少しだけあります。

ここではそんなSTICPAYカードの良い点と悪い点をご紹介しています。

良い点

世界中のATMで現金を引き出せる

既に記事の前半でお話ししたようにSTICPAYのカードがあれば、Mastercardと提携している世界中のATMから現金が引き出すことができます。日本国内のATMでは現在『セブン銀行』が対応していますが、海外へ行った時などにSTICPAY口座に資金が入っていれば、即座に資金を現地の通貨で引き出すことが可能です。

ショッピングや飲食に利用可能

STICPAYカードはMasterCardブランドのプリペイドカードなので、Mastercard提携の加盟店であれば、世界中どこにいてもショッピングや飲食などがこのカード1つで可能です。もちろんMasterCardブランド対応のサイトであれば、オンライン(インターネット上)でも決済が可能です。

ビットコインの実質的な換金ができる

STICPAYでは、Bitcoin(ビットコイン)の入金に対応しているので、入金したビットコインをそのまま現金で引き出したり、そのままSTICPAYカードで現金として利用することが可能です。

MasterCardの特典が利用できる

STICPAYカードは、MasterCardブランドをベースとしたプリペイドカードなので、MasterCardの特典プログラムを利用することも可能です。ホテルに滞在する時やショッピングの時にアメニティなどを受け取ることができますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

日本語サポートが利用できる

国際決済サービスの場合はサポート窓口が設置されていたも完全に英語対応であったり、日本語に対応していても片言の日本語や最悪の場合、Google翻訳で翻訳したような支離滅裂な日本語でサポートをされる場合があります。しかし、STICPAYには日本語のできる日本人サポートスタッフが常駐しているため、丁寧かつ迅速な対応が可能となっています。
びっくりするぐらい丁寧でスピーディーな対応なので何か困ったことがあったら、ぜひ一度問い合わせしてみることをお勧めします。

悪い点

カードを使うには資金を移動する必要がある

ecoPayz(エコペイズ)のエコカードを使っていたことがある方はよく間違えるのですが、STICPAYカードを利用する場合には口座にある資金をSTICPAYカードにあらかじめ移動しておく必要があります。この一手間が最初はややネックに感じることもありますが慣れれば問題ないですし、あえて言えばカード残高の使いすぎなどにも役立つのでデメリットと感じる人もいれば、メリットに感じる人もいるかもしれませんね。

カードの配送料がかかる

STICPAYカードの発行には手数料はかかりませんが、カードの発送費用として35ドルが必要となります。

カード発行から13ヶ月以降に会費がかかる

STICPAYカードでは、カードの発行後の13ヶ月以降から毎月1ドル(約100円)が会費(口座維持手数料)として口座残高から徴収されます。

STICPAYカードの手数料など

STICPAYカードを利用するにあたって、知っていると便利なカードの使用限度額や手数料をまとめてみました。

STICPAYカードの使用限度額

限度額の内容 限度額
1日の利用限度額 2,000ドル
月間決済可能金額 9,000ドル
1日のATM引出限度額 3,000ドル
(ATM出金可能金額はATM別に異なる)
1ヶ月のATM引出限度額 9,000ドル

STICPAYカードの手数料

資金移動の種類 取引手数料
入金手数料 1.3%
カード再発行手数料
(有効期間満了後、再発給手数料)
10ドル
最小振替金額 100ドル
海外の購入取扱手数料 手数料
ATM引出手数料 最小4ドル又は出金金額の1%
会費 STICPAYカード発給後、13ヶ月目から毎月1ドル
残高確認 ・オンライン:無料
・VRS :無料
・ATM : 3ドル
カード発給手数料 無料(ただし、配送料は別途35ドル必要)
Card Renewal Handling Fee HKD 80

いかがでしたでしょうか?STICPAYカードがあると、とても便利になると思いませんか?

STICPAYカードの魅力や特徴を知って改めて欲しいと感じた方は、ぜひこの機会にカードの申請をしちゃいましょう!

STICPAY(スティックペイ)
STICPAY(スティックペイ)の公式サイト

STICPAY(スティックペイ)はシンプルでスピーディー、そして安全な決済を行うことができるオンラインウォレットサービスです。作成したSTICPAY口座に入金を行うことで資金を電子マネーのように扱うことができ、提携サイトに資金を移動できるようになります。さらに専用のSTICPAYカードを発行すれば、口座内の資金でショッピングをしたり、ATMで資金を引き出すことも可能です。同様のサービスを提供していたNETELLERの日本市場撤退やecoPayzのエコカード・バーチャルカードの廃止を受け、今もっとも注目を集めている決済方法です。

詳細ページ公式サイトへ