STICPAY公式サイトへ
ペイメント

【2019年最新版】STICPAY(スティックペイ)の入出金方法

STICPAY(スティックペイ)の入出金

STICPAY(スティックペイ)では、口座の入出金方法として以下の方法が導入されています。

■ 入金方法
・国内銀行送金
・海外銀行送金
・クレジットカード
・UnionPay(ユニオンペイ)
・Bitcoin(ビットコイン)
・代替支払い手段

■ 出金方法
・国内銀行送金
・海外銀行送金
・代替支払い手段

2018年8月10日には近年世界中でブームとなっているBitcoinの入金に対応したSTICPAYですが、どの入出金方法も大変便利で、一度方法を覚えてしまえばいつでも気軽に使用することができるようになります。

ここでは各入出金方法がどのようなものかを説明し、さらに具体的な利用方法についても解説しています。自分の環境にあった入出金方法を見つけて、ぜひ試してみてくださいね。

入金方法

国内銀行送金

国内銀行送金は、ユーザーの住んでいる国のSTICPAY社管理の銀行口座に資金を振り込むことで自分の口座に入金ができるシステムです。ただし、現在この国内銀行送金に対応している国は下記のみとなっているため、銀行を介した入金を行いたい場合には、現在は実質的に海外銀行送金を利用せざるを得ない状況となります。

海外銀行送金

海外銀行送金はユーザーの住んでいる国に関係なく、アメリカにあるSTICPAY社管理の銀行口座に資金を振り込むことで自分の口座に入金ができるシステムです。

手数料は送金額の1%となります。

クレジットカード

当サイトでもお勧めしているクレジットカードでの入金は、VISA(ビザ)もしくはMasterCard(マスターカード)のクレジットカードから直接自分のアカウントに入金ができるシステムです。

クレジットカードの登録が済めば、瞬時に入金を完了することができるので簡単かつスピーディーな入金手段となります。

UnionPay(ユニオンペイ)

UnionPay(ユニオンペイ)は、通称『銀聯(ぎんれん)カード』と呼ばれ、主に中国で扱われているデビットカードのようなものですが日本でも三井住友カードなどが発行しており、日本人でも持つことが可能なカードです。中国への旅行や出張に行かれる方の中には持っている方もいるかと思います。

Bitcoin(ビットコイン)

2018年8月10日に導入されたばかりの入金方法で、 仮想通貨のBitcoin(ビットコイン)を現金に換金して入金をすることができます。

なお、ビットコインのレートはトランザクションが確認された時点でのCoinMarketCap.comの現在価格が適用され、別途入金手数料はかかりません。

代替支払い手段

代替支払い手段は『NETELLER(ネッテラー)』のことで、ネッテラー口座に資金があればそれをSTICPAY口座に移すことができるという入金方法です。

しかしながら2016年10月以降、ネッテラーは日本における全てのサービスを停止したため、日本人がこの入金方法利用することは現在できない状態となっています。

出金方法

国内銀行送金

海外銀行送金

代替支払い手段

PAIZACASINO(パイザカジノ)にSTICPAYが新登場!
PokerStars(ポーカースターズ)のバナー
STICPAY(スティックペイ)
STICPAY(スティックペイ)の公式サイト

STICPAY(スティックペイ)はシンプルでスピーディー、そして安全な決済を行うことができるオンラインウォレットサービスです。作成したSTICPAY口座に入金を行うことで資金を電子マネーのように扱うことができ、提携のオンラインカジノやブックメーカー、FXサイトに資金を移動できるようになります。さらに専用のSTICPAYカードを発行すれば、口座内の資金でショッピングをしたり、ATMで資金を引き出すことも可能です。同様のサービスを提供していたNETELLERの日本市場撤退やecoPayzのエコカード・バーチャルカードの廃止を受け、今もっとも注目を集めている決済方法です。

詳細ページ公式サイトへ